" />
So-net無料ブログ作成

台風18号 2012 進路予想 [台風]

台風18号 2012 進路予想

台風18号 の 進路予想 です。

台風18号 2012 進路予想

台風18号は 中心気圧998hPa、中心付近の最大風速18m/s

毎時15キロで北へ進んでいます。

台風18号 2012 進路予想




台風18号 2012 進路予想

台風18号の名称はEwiniar(イーウィニャ)と名付けられています。

この名前は、ミクロネシアが命名で、『嵐の神』という意味の名前です。

これって 最近あった『嵐 アラフェス』コンサート みたいですね。(笑い)

台風の名前の命名方法は、アジアの14カ国(日本のほか)の台風委員会で

各国の順番に名前の候補を決めておき、台風の発生順に名前をつくいていくんだそうです。

ですから台風19号が発生すれば 今度は フィリピンが命名国となり『Maliksi(速い)』となります。

台風18号 2012 進路予想

台風18合は、9月25日15時には父島の南西約650キロの海上にあって、

毎時15キロのゆっくりとした速さで北北西へ進んでいます。

台風18号の勢力は、中心気圧998hPa、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル

で、中心の東側330キロ以内と西側170キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。


台風18号 2012 進路予想

台風18号は、日本の南海上を北へ進み、26火昼過ぎから夕方にかけ、

小笠原諸島い最も接近する見込みです。

台風18号 2012 進路予想

台風18号の影響で、小笠原諸島では、次第に風が強まり、海上は大しけとなるでしょう。

小笠原諸島の26日にかけて予想される最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル

波の高さは、7メートルの見込みです。

高潮及び強風に警戒しましょう!


台風18号 2012 進路予想

関東地方から東海地方にかけて太平洋沿岸や伊豆諸島でも、台風18号の影響で

26日にかけて次第に波が高くなる見込みです。

うねりを伴った高波には十分 注意をしましょう。

27日、28日には日本の南に達し、台風周辺海域及び進路にあたる海域は

大しけとなるため厳重な軽快が必要です。

このままの進路だと、愛知県に上陸する恐れがありますので

今後の台風18号の進路には 十分注意してください!




なお、台風17号(ジェラワット)猛烈な台風第17号は、

25日15時にはフィリピンの東にあって、

北北西へ毎時10kmで進んでいます。

中心気圧は905hPa、中心付近の最大風速は55m/sです。

この台風は、フィリピンの東を北北西に進み、

28日15時には沖縄の南に達する見込みです。

台風周辺海域および進路にあたる海域は、

しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要ですが

日本への影響は少ないようですのでご安心ください。











この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。