パナソニック フランス 任天堂 キャノン ストラップ 雑誌 リング 製造 ホンダ 外国" />
So-net無料ブログ作成

世界ブランド番付表 [ランキング]

世界ブランド番付表
世界ブランド番付表 ってなんでしょう。
インターブランド社が年1回、集計して発表している世界ブランド企業の価値を
ランキングした100社のリストです。
世界ブランド番付 のランキング100社のことです。

世界ブランド番付はグローバルに事業展開している企業や商品が対象です。
ブランド力が収益に与える影響などを考慮して、ブランド価値として金額に換算しています。

この指標を元にしてビジネスウィーク誌が世界に向けて雑誌で発表しています。
インターブランド社のホームページで過去20014年から現在までのリストを見ることができます。

世界ブランド番付 ランキング は、アメリカのコンサルティング会社
interbrand(インターブランド)が公表した2012年の世界ブランド番付です。
正確にはインターブランド・グローバル・ブランド・リストです。

世界ブランド番付表

世界ブランド番付表 気になりますね。
世界ランキング 2012は 10位までは 以下の通りでした。(順位・社名・評価金額・前年順位)


1位  コカ・コーラ 778億ドル  前年 1位
2位  アップル   765億ドル  前年8位
3位   IBM 755億ドル   前年2位
4位  グーグル  697億ドル   前年 4位
5位  マイクロソフト  578億ドル 前年3位
6位  GE      436億ドル 前年 5位
7位  マクドナルド  400億ドル 前年6位
8位  インテル   393億ドル 前年7位
9位  サムスン  328億ドル 前年17位
10位  トヨタ     302億ドル 前年11位

世界ブランド番付表

1位はコカ・コーラです。
調査開始以来13年連続で1位を維持しています。
すごいですね。
コカ・コーラは本当に世界中に浸透しているんですね。

2位にはスティーブ・ジョブズのアップルが
前年比2.3倍の765億ドルで一躍 8位から2位へ躍進しています。
金額も765億ドルと1位の778億ドルのコカ・コーラに迫る勢いで、
来年は首位に躍り出るかも。

そしてサムスンは前年より40%増の328億ドルで
17位から9位へ躍進しており
トヨタを抜いてアジア勢トップとなりました。

サムスンだけには 負けて欲しくはなかったんですが・・・・・

でも、日本勢トップのトヨタは前年11位から1つ順位を上げ10位になっています。
これは2009年の8位以来となるトップ10返り咲きです。
2009年リコール問題に揺れた当時からの トップ10返り咲きは さすがですね!

全体的には やはり、利用者が急増するスマートフォンやタブレット端末で市場を席巻する
アップル、サムスン両者の躍進が目立っていますね。

5月に上場し、初めて調査対象になった交流サイトのフェイスブックは69位でした。
今後の躍進に注目です。

世界ブランド番付表

日本企業で100位以内にj入った企業は7社でした。

トヨタが前年11位から1つ順位を上げて10位に入りました。
これは2009年の8位以来となるトップ10返り咲きです。

パナソニックは69位から65位へ順位を上げています。
同社の環境面への取り組みが評価されたようです。

日産自動車も新興国での販売拡大がブランド価値の向上に寄与したとして
順位を90位から73位へ上げています。

一方、ホンダが19位から21位へ順位を落としています。
キャノンが33位から30位へ。
ソニーが4年連続で順位を落として35位から40位へ。
任天堂が48位から56位へ。

日本の製造業の苦境を反映したかのようです。

世界ブランド番付表

ベスト100社を国別でみてみると、米国企業が53社で断トツで1位
2位はドイツで9社、3位は日本とフランスの7社でした。

ブランド価値は時代と共に変化しており、いかに消費者が求めているものを
提供できるかにかかっています。

来年の世界ブランド番付 ランキング が楽しみですね!
ガンバレ 日本! ガンバレ!! 日本企業!

今後の日本勢の躍進に期待しましょう!
強い日本企業の復活を!



ちょっと なつかしいと思いませんか?





プロレスファンなら 必見かも!
 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。